苦手な掃除は1日5分!コツコツ続けてきれいな部屋をゲット♪

部屋の掃除が大切なことは分かっていても、毎日の忙しさに流されて気が付いたら部屋が汚れ過ぎていた…なんて経験がある人も多いですよね。
結局年末の大掃除に1日2日掛けてがんばってなんとかきれいにするという人もきっと少なくないでしょう。
苦手な掃除だからこそ、溜め込まないように「毎日5分だけ」を続けることがきれいを保つ工夫になります。
5分間掃除をすると言っても、「ついでにひと手間」を工夫すれば苦にならずに続けられるものです。
例えば、「出かける前にトイレを使ったら気が付いた日は、洗剤を便器にスプレーしていく」とか、「歯磨きしている間に洗面台や鏡を拭く」など生活リズムの中に組み込んでしまえば、苦手な掃除もやりやすい方法が出てきます。

毎日5分と言うと「5分も?」とそれすら面倒だと感じてしまう事もありますが、一つの場所に掛ける時間を1分程度にしてしまえば、意外と気にならなくなるものです。
洗面所やキッチンなどに、新聞紙や雑誌を切ったものを置いておくと鏡に付着した油膜や、コンロの油汚れなどをさっとふき取ることができて便利です。
苦手だからこそ、毎日やれる「ちょっとひと手間」のコツコツ掃除を始めてきれいな部屋をゲットしてみませんか。

大掃除の概念をくつがえしてみる、清掃のタイミング

今年も残すところ僅かになりましたね。最近では、大掃除に精を出している光景が減ったような気がします。

昔は名古屋にある家を綺麗に掃除してから、新しい年を迎えるのが当たり前でした。
そのために、年末の休みを利用して、集中的に家族勢揃いで大掃除。
とても、素敵なことですね。頑固な汚れを落とすたびに、綺麗に使おうだとか、まめに掃除をこれからはしようだとか思えるわけです。

ですが、各場所の清掃には適した季節やタイミングがあるんです。順番に見ていきましょう。
まず、お風呂場ですが、こちらは水回りです。湿気が大きく関係します。しかも、お風呂のついでに細かくしたいですよね。そうなれば、断然夏が良い気がします。梅雨のジメジメした季節を経て、カビはあらゆるところに潜んでいますから。

次に主婦の方なら必ずため息が出る場所、キッチンです。キッチンは基本的に油汚れが中心になります。年末に大掃除をして、頑固な油汚れに四苦八苦することも、多いのではないでしょうか?油もまた、気温に左右されます。油の溶けやすい夏場に掃除した方が楽なんです。
他にはカーテンなどの洗濯もまた、厚手の素材を早く乾かすには夏場が適しています。
以上のように、夏場の大掃除は実はとても効率的なのです。一年に一回の大掃除、夏にするのはいかがでしょうか?

掃除をする時の前準備と考え方 in 名古屋

そろそろ年末、大掃除の時期です。掃除好きな人って少ないと思います。そこで、掃除をする時の前準備と考え方に付いて書いてみたいと思います。名古屋市内にある知り合い、友人宅でも良いかと思いますが、綺麗なお家の共通点として上げられる事が、部屋に物があまり置いて無い事かと思います。

例えば同じ10畳の部屋でも物に溢れてる部屋とそうで無い部屋では、物が少ない方が綺麗に見えますし、物が少ない分掃除も簡単にできます。ですので、掃除のポイントとの一つとしては、まず部屋の整理をすることです。整理のやり方としては、今いる物、今は要らないが後でいる物、そして要らない物です。要らない物は直ぐ処分し、今要らない物は押し入れにしまいましょう。これで掃除をする物がいくらか減ったと思います。

次に掃除のやり方ですが、その日にどれだけやるか、予め決めておく事です。掃除を始めたら色んな所が気になり出し掃除が一向に終わらなかったりしますので、どこまでやるのか決めておく方が良いです。後は出来れば家族にも手伝って貰う事です。当然1人より多い方がが速く済みますし楽です。
掃除をする日は天気が良い日を選らびましょう。部屋の窓を全開にして掃除をすることでお部屋も気分も清々しく綺麗になるかと思います。

片付け、清掃、整理で心のバランスを取り戻す!

「気持ちが空回りしている」「漠然とした不安がある」「何か落ち着かない」このような心理状態のときは、頭が混乱し、目的を見失っているときがほとんどです。
私はこのようなときは、決まって身の回りの片付けと清掃をします。

具体的な方法としては、①たまった書類や手紙に目を通して、必要ない物は処分して引き出しを清掃する②季節に応じてこれから着る物を前に出し、押し入れの中を清掃して足りない物は買い足す③最後に部屋全体を清掃して、整理をしながら備品のチェックをして足りない物はメモしておく─ このようなことを定期的に実行していると、今までやっていたこと、これからやるべき事、これから必要な物が見えてきて頭が整理されます。それで、心が落ち着きを取り戻し、物事が自然と前進するようになるのです。

ここで忘れていけないのが清掃です。片付けと整理だけで終わると、行動力が鈍ります。そうならないためにも棚を拭いたり、ホコリを取り除いたり、そして、必要ない物は思いっきって処分する。そうすることで、気持ち新たにスタートすることができます。

名古屋における洗面台の清掃法

洗面台は、毎日使用するところだからこそ汚くなりがちです。
何日かに一回の清掃よりは日々のお手入れにより清潔に保つ必要があります。

まずは、洗面台を使用した後は水をしっかりとふき取りましょう。ティッシュなどで拭いてもよいのですが、専用のタオルを用意しておくと便利です。
「水にぬれたらすぐに吹く」ということを徹底してやります。

次にクエン酸を使用して洗面台をきれいにしましょう。
洗面台にお湯を張り、その中にクエン酸を小さじ一杯程度入れます。しばらく放置した後に、スポンジを使い洗い流していきましょう。
この時、手が荒れやすい方はゴム手袋を使用するとよいでしょう。クエン酸は、ドラッグストアやスーパー、100均一でも売っています。
最後に、鏡とカウンターをアクリルスポンジでこすり拭いて完成です。

全ての作業をやっても10分程度ですので、毎日の隙間時間に掃除しておくとよいでしょう。
風水では水場をきれいにすると開運にもつながるといわれています。
日々の清掃により、自分自身の運気も上昇すること間違いなしです。

名古屋で年末の大掃除

師走の時期になると、何かと気持ちも慌ただしくなってきます。
年賀状の準備、年越しの準備などでバタバタ感覚です。その中でもじっくりと取り組みたいのが、大掃除です。
普段の日には、中々、目の届かない場所を掃除して、気持ちもサッパリして新しい年を迎えたいものです。昔は家族総出で家全体を掃除しました。

今では大掃除というと、歴史のあるお寺が煤払いをする光景がテレビで映される程度でしょうか。でも、できることなら我が家の隅々まできれいにしたいものですね。
お掃除ロボット君の存在もありがたいのですが、たまには自ら汗を流して掃除に熱中することもいいはず。
寒い季節でも、窓を全開にして家のなかに溜まっている埃を掃き出して、綺麗にすることで身体も心もスッキリするはずです。
そうしているうちに、探しても見つからなかったお宝が出てくるかもしれません。

「あっ、こんな所に隠れていたんだ。」昔、無くしたと思っていた結婚指輪がタンスの裏側にあったりすると、もう感動の一言につきます。
これこそ大掃除のおかげです。

大掃除は業者に頼むこともできます。名古屋でも年末大掃除を請け負っている業者がたくさんあるので、一度相談してみるのも良いかもしれません。

清掃の前に不要品を捨てよう

家を綺麗に保ちたいけれど清掃は苦手という人も多いです。物をどけて清掃するのが面倒くさい、大変そうなどという理由からです。そのために、清掃する前に物を捨てることをおすすめします。

家の中にはなんとなく捨てずに置いている物がたくさんあります。今は使ってないけれどいつか使うかもしれない、高かった物だから捨てるのはもったいない、思い出が詰まってる物だから捨てたくない、など捨てられない理由はさまざまです。でも、冷静に考えてみて、それらを再び使うことはあるのでしょうか。ほとんどの物が使われずにずっと置いたままになっていると思います。

それらの物を思い切って捨ててみると、物が減るので空間が空きます。そうすると物をどかさなくても清掃ができてとても楽になります。また、物が多いとそれだけホコリも溜まってしまい、清掃が大変になってしまいます。また、物を減らすと自分が持っている物を一目で把握できるようになるので、同じ物を買うことがなくなります。結果として物が増え過ぎない状態を保てるので、清掃も短時間で終わるようになります。

ロボット掃除機はメインではなく、サブで使い倒す

以前と比べると、名古屋市内で販売されているロボット掃除機はかなり高性能になってきました。一家に一台持つべき掃除機になってきたといっていいかもしれません。
しかし、現状ではいくら高性能のロボット掃除機であっても、人間が行う掃除と比べるとまだまだ不満が残ることも多くあります。例を上げてれば、大きなゴミは取れないということとか、角などは掃除することができないなどです。まだまだ掃除をロボット掃除機だけに任せることはできないとも言えます。
それでもロボット掃除機を使ってみて、自分が予想していたよりもずっと役に立っていると感じることも多くあります。ロボット掃除ですからスイッチを入れれば勝手に掃除をしてくれますので、毎日でもロボット掃除機を使えばある程度の掃除は可能です。ロボット掃除機の掃除をメインと考えずにサブのような役割としてもらうという発想で、サブのロボット掃除機が掃除できなかった部分を人間が補ってあげるという発想であれば、人間だけで掃除をするよりもはるかに気楽に易しく掃除を考えることができます。

自宅の清掃スタイル「軽量化」を考えよう

数ある家事の中でも、清掃は特に時間と労力のかかる作業です。他にもやることがたくさんあるのに、どうしても掃除に時間をとられてしまって焦ってしまう…と感じる人も多いのではないでしょうか。

清掃をうまく生活リズムに組み込んで行くには、名古屋市でも清掃活動の軽量化が必要です。時短家事うんぬん以前に、掃除をすることの目的を最初にはっきりさせましょう。人が生活すれば必ず場所は汚れ、ごみやほこりが出ます。これは「人=汚れ」という図式から出ているのですが、ここを抑えると清掃活動で制すべき急所が見えてこないでしょうか。

つまり、家族が使った頻度の高い場所ほど清掃の頻度を多くし、さほど滞在時間が多くない部分はさしあたり放っておいてもよい、という家の中の区別化です。客室や物置・納戸などはごく少ない周期で清掃し、水回りや台所など、毎日複数人の使用でフル回転する場所を重点的に清掃で攻撃しましょう。特にお手洗いや風呂場・洗面所、台所や食卓周辺などは、「使ってその都度」軽く清掃をしておくくらいの頻度にしておくと、改めての大掛かりな掃除が不必要になってきます。場合によってはその方が楽だと感じられる方もいるでしょう。もちろん家庭によってケースバイケースですが、この観点をも含めてぜひ、現在の清掃スタイルを見直してみて下さい。

常に清掃を意識する

普段共働きで掃除する時間が平日にとれない人も多くいると思います。その場合週に一回まとめて清掃する人も多いと思いますが、隅から隅まで清掃することはとても時間がかかりますし、大変なことです。まとめてやろうとするから汚れ方や埃がたまってしまい大変に感じてしまうのです。毎日少しでも清掃する事で負担が軽くなる場合もあるのです。

たとえば掃除する場所を曜日を決めることで一日の掃除の時間が少なくなります。月曜日は玄関、火曜日は寝室、など決めると効率よく掃除することができます。

清掃する時間以外でも軽くふけるぞうきんなども常に手元の置いておくことですぐに掃除すると嫌な汚れもあまりひどくならないうちに取り除くことができるのでお勧めです。たとえばテレビを見ている時でもリモコンが埃っぽい時にはその場で拭いたりします。置時計を見たときに汚れがある場合は拭いておくなどくつろいでいても目に入る埃や汚れを後回ししないでささっと拭くことで常にきれいな状態を保つことができるのです。一度に清掃するより常に掃除したほうが負担が楽です。