大掃除の概念をくつがえしてみる、清掃のタイミング

今年も残すところ僅かになりましたね。最近では、大掃除に精を出している光景が減ったような気がします。

昔は名古屋にある家を綺麗に掃除してから、新しい年を迎えるのが当たり前でした。
そのために、年末の休みを利用して、集中的に家族勢揃いで大掃除。
とても、素敵なことですね。頑固な汚れを落とすたびに、綺麗に使おうだとか、まめに掃除をこれからはしようだとか思えるわけです。

ですが、各場所の清掃には適した季節やタイミングがあるんです。順番に見ていきましょう。
まず、お風呂場ですが、こちらは水回りです。湿気が大きく関係します。しかも、お風呂のついでに細かくしたいですよね。そうなれば、断然夏が良い気がします。梅雨のジメジメした季節を経て、カビはあらゆるところに潜んでいますから。

次に主婦の方なら必ずため息が出る場所、キッチンです。キッチンは基本的に油汚れが中心になります。年末に大掃除をして、頑固な油汚れに四苦八苦することも、多いのではないでしょうか?油もまた、気温に左右されます。油の溶けやすい夏場に掃除した方が楽なんです。
他にはカーテンなどの洗濯もまた、厚手の素材を早く乾かすには夏場が適しています。
以上のように、夏場の大掃除は実はとても効率的なのです。一年に一回の大掃除、夏にするのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です